キタムラの歩み HISTORY

私たちの歴史・開発史

History of KITAMURA

キタムラの歴史は、製菓業界の発展とともにあると言っても過言ではありません。
手焼型より始まったキタムラの歴史は大量生産型機械の開発を経て、より大きな環境問題といったテーマにも取り組んでまいります。

沿革
  • 1920
    1923年
    創業者 北村常雄は、北村商店を創立。煎餅・饅頭・最中皮の手焼型の製造販売を開始。
  • 1940
    1947年
    大阪市天王寺区上本町7丁目にて株式会社北村製作所を設立。製菓機械器具を取り扱い煎餅焼成機を開発。
  • 1950
    1955年
    製造部門の拡張のため東大阪市小阪に工場を移転し、煎餅焼成機の大型省力化に先鞭。
  • 1960
    1965年
    大阪市天王寺区東高津町に本社社屋を建設し、移転。
  • 1970
    1975年
    大阪府八尾市美園町に工場・研究室を設け、大型高度化する機械生産体制を確立。
  • 1977年
    株式会社北村製作所の営業部門の業務拡大と、充実を図るため販売会社株式会社キタムラを設立。
  • 1980
    1983年
    小阪工場を研究室の完備した新工場に改装。
  • 1986年8月
    小阪工場、坂崎彫刻機導入。
  • 1987年10月
    小阪工場、牧野フライス立形マシニングセンタ導入。
  • 1988年8月
    八尾工場、CADシステム導入。
  • 1990
    1991年
    受注の増加に対処するため大型自動彫刻機を増設する。
  • 2000
    2001年
    小阪工場、牧野フライス立形マシニングセンタ増設。小阪工場、オークマ立形マシニングセンタ導入。
  • 2010
    2012年
    生産体制を強化する為、小阪工場増築。
    現在
    2014年
    小阪工場、オークマ立形マシニングセンタ増設。
開発史
  • 1923年
    煎餅、最中皮、饅頭などの手焼型および彫刻金型の製造販売を始める。
  • 1947年
    煎餅焼き機(固定電気式)を開発。全国各地で1,000台以上を販売し、現在でも使用され続けている。
  • 1950年
    半自動最中皮焼成機開発 MCM-0804型現在までに1,000台以上の最中皮焼成機を全国の種屋さんに納入。
  • 1954年
    半自動煎餅焼成機開発 KS-1004型玉子煎餅焼成機の自動化が始まる。
  • 1962年
    全自動煎餅焼成機(コンベヤー式)開発/KCM-3006型薄物、炭酸煎餅の大量生産を可能にする。
  • 1973年
    全自動最中皮焼成機/MCM-2004型 全自動餅種注入機スクリュー式完成。全自動薄物煎餅焼成機/KCM-4402型 薄物クリームサンド煎餅(ゴーフル)焼成機完成。クリームサンド煎餅の始まり。全国で大ヒットを生み出す。
  • 1975年
    全自動巻煎餅焼成機/RCM-5002型パピヨット、パピロ全自動煎餅巻装置完成。今に続く巻煎餅ブームの始まり。
  • 1977年
    全自動辻占煎餅焼成機/FCM-4002型 フォーチュンクッキー、世界に向けて第一歩となる。
  • 1985年11月
    全自動珍味煎餅焼成機/CSM-7004型 えび煎餅健康ブームの中、山海の食材を活かし、煎餅を焼成。
  • 1988年9月
    全自動薄物巻煎餅焼成機/ERCM-2002型 超薄物煎餅巻機。エッグロール、中国・台湾・香港で大ヒット。
  • 1993年5月
    全自動折りたたみ巻煎餅焼成機薄物煎餅折りたたみ巻装置完成。フェニックスロール、中国、台湾、香港、マカオで大ヒット。
  • 2009年
    自動クリスピーロール焼成機/CRCM-5001型
    米粉を配合した生地の薄焼き巻煎餅焼成機。
  • 2015年
    新断熱カバーの開発

いいものを創るために、
いいものを創る。

創業来「挟み焼」技術にこだわりつづけ、巻のシェア率は国内で大部分を占めております。これからも新しい技術を追い求め、私たちだからこそ創りだせる価値をみなさまと共有します。

株式会社キタムラまで
お気軽にお問い合わせください
お問い合わせTEL.06-6762-2888
受付時間 9:00~18:00(平日)